本文へスキップ

親から子、子から孫へとつなぐ 生涯学習から累代教育へ

活動報告report

令和元年 女性のつどい&バザー 講演 勇気のしずく代表 長谷静香講師 

家族のきずな2019

令和元年10月27日(日)女性のつどい&バザー開催しました
 公益財団法人モラロジー研究所 中日本センターにて女性のつどい&バザーを開催致しました
午前11時30分〜午後1時までバザーが開催され、その後1時30分より『勇気づけ子育てであなた色の人生を』をテーマに長谷静香講師の講演をお聞きしました
 アドラー心理学とは、別名『勇気づけの心理学』とも呼ばれている。 賞罰の子育てと勇気づけの子育ての違い
勇気とは「困難を克服する力」 勇気づけとは「困難を克服する活力を与えること」 自分自身を勇気づけ、自分自身を満たすことが大事であるとのこと。
魔法のキーワード「あ!うただ」 ありがとう・れしい・すかるな・いすき
 勇気づけの5つのポイント ・上下ではなく、横の関係で ・共感する ・過程を重視 ・失敗を受け入れる ・1ミリの成長を重視。
 子育て真っ最中の若いお母さんから、孫の守に追われている年配者まで幅広い対象者に、看護師・保育士・心理カウンセラーの立場から、言葉を選んでわりやすくお話をして頂き、たいへん有意義な講演会でした。

第7回「家族のきずな」エッセイ表彰式 

家族のきずな2019

令和元年10月13日(日)第7回「家族のきずな」エッセイ表彰式
「みんなの森メディアコスモス」にて100名ほどの生徒や保護者の皆様の参加のもと開催いたしました。
835編の応募数の中、優秀賞10編・入賞30編の表彰式がありました。また、優秀賞の生徒による朗読もありました。
家族の一員として家族への思いが一層深くなり、感謝や笑顔や喜びにつながっています。10年・20年後、日本を背負っていく子供たちにこの様な心を「家族のきずな」を通して育んでいくことは本当に大切なことだと思います。
「家族のきずな」エッセイ等募集事業は全国のモラロジー協議会・事務所を通じて「家族のきずな」「命のつながり」「敬老」等をテーマとしたエッセイ、手紙、メッセージなどの作品募集事業を、主に小・中学生向けに展開しています。毎年約130会場以上で開催し、計25万編が寄せられています。

第56回道徳教育研究会 中濃会場 令和元年8月24日開催 

道徳教育中濃会場

第56回道徳教育研究会 西濃会場 令和元年8月9日開催 

道徳教育西濃会場

第56回道徳教育研究会 東濃会場 令和元年8月6日開催 

道徳教育東濃会場

第56回道徳教育研究会 岐阜会場 令和元年7月31開催 

道徳教育岐阜会場

岐阜県岐阜モラロジー皇居奉仕団 古田岐阜県知事を表敬訪問 

皇居奉仕団

「家族のきずな」エッセイ表彰式 

家族のきずな

平成30年10月14日(日)「家族のきずな」エッセイ表彰式
朝10時から、みんなの森メディアコスモスにて「家族のきずな」エッセイ表彰式が開催されました。
子供たちが上記のテーマについて考えることで両親や兄弟、祖父母、祖先に心を向ける機会を提供し、感謝の心をはぐくむと共に、自己の存在について考え、認めること(アイデンティティの確立)をねらいとしています。
浅井文彦副市長、早川三根夫教育長をお迎えして、保護者や教員併せて200名ほどの参加者でした。
「家族のきずな」エッセイ等募集事業は全国のモラロジー協議会・事務所を通じて「家族のきずな」「命のつながり」「敬老」等をテーマとしたエッセイ、手紙、メッセージなどの作品募集事業を、主に小・中学生向けに展開しています。毎年約130会場以上で開催し、計25万編が寄せられています。


     

岐阜県モラロジー協議会

〒501-6121
岐阜県岐阜市柳津町上佐波西1-94

TEL 058-214-6224

FAX 058-214-6225